アコーディオンとともに

私たちの記録によると
2006年に一度、古宇田先生と公演をご一緒させていただいた
この寛永寺幼稚園。


今回は
古宇田亮順先生のお兄さまの“古宇田先生”と
ご一緒させていただきました。


お兄さまはアコーディオンを嗜んでおられて、
今回、いつもはMDデッキが活躍するところを
生伴奏で(すべての作品ではないけれど)演じさせていただきました。

わー、贅沢だ★


そのアコーディオンがまた
キンピカリンでカッコいいのよ。


幼稚園の子どもたちは、ホールに300人!!
舞台の上から見ていると本当にひしめき合ってる感じ。

その300人が元気いっぱいに
歌ったり笑ったり手遊びしたりするからすごい。

私たちも元気な子どもたちに乗せられて、
これまた盛り上げるもんだから・・・、
今回の公演はいつもの“蚊取り風マイク”では
子どもたちの歓声に勝てなかったかも・・・。
いつもより声、張り上げ気味だったなぁ。


勝手にアンコールで
“オーソレミオ”をアコーディオン伴奏で歌いました。

・・・これがまた、打ち合わせ不足でキーが合わなくてね(苦笑)。

ぴんくのピンチを察してか
(実際にはこんなことではへこたれないんだけどね)、
みどりが頑張る!

公演の中で作った風船の人形を巧みに操り(?)、
曲に合わせながら即興でひとりコントのようなものを展開。
子どもたちもえらく喜んでくれて、
みどりもヒートアップよ。

私は私で歌を誇張して面白おかしく歌っているし、
みどりはみどりで子どもを笑わせにかかっているし、
アコーディオン演奏は素晴らしいし・・・。

とにかくそのシチュエーションがすでに可笑しくて、
私は楽しかったです★

きっと子どもたちも楽しかったに違いない!うん。


帰り際に
「今度、歌とアコーディオンの会をお寺でしましょう!」
という素敵な約束をして古宇田先生(お兄さま)とお別れしました。

スポンサーサイト

別窓 | 公演日記 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<赤いネズミさん | パネルシアター ハッピーメロディーの日記 | 日記のお引っ越しします>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| パネルシアター ハッピーメロディーの日記 |