あとりえファントムのお祭り

今日は
心の病を抱えた方たちの作業所
『あとりえふぁんとむ』
の地域を巻き込んだ楽しいお祭りです。

ここ数年、呼んでいただいていて、
このお祭りの目玉であります
“チビッコ相撲”の表彰式の前が
いつも私たちの出番です。

明治大学付属高校の相撲部から
毎年高校生が数名と顧問の先生が
いらっしゃるんだけど、
その高校生たちの子どもたちへの接し方に
毎年、本当に感心させられるんです!!
相撲を通して接するわけですが、
子どもたちとの勝負を
本当に上手に盛り上げてくれる。
素晴らしいのよ、本当に!

で、
勝負に勝った子どもたちが
(正しくは上手に勝たせてもらっているんだけど)
「僕は、私は、一番強い!!」
と思っているところに
怪盗ぴんくとかが登場しちゃったりすると、
ジャグリング刑事を助けよう!
僕たち、私たちが怪盗を捕まえる!!
…となって、
物語の途中で、
そこではぴんくは捕まらないぞ、
というところで、
彼らは私を怪盗を押さえ込みにくるからねー。
…物語は進まないし(苦笑)、
何か別なコントを見せられているみたいになります(遠い目)。

いや、それはそれで面白いんだけどね(笑)。

でも今日は
怪盗ぴんくはいませんから大丈夫!…かな。

今年はどんなドラマが生まれるのか!!!


スポンサーサイト
別窓 | 公演前日記 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| パネルシアター ハッピーメロディーの日記 | NEXT